> ローン申込みに必要書類について

ローン申込みに必要書類について

キャッシングカードローン申込みは、20歳以上から69歳以下、
キャッシング会社によっては64歳以下の方で一定の収入のある方であれば
申込みをすることができます。

キャッシングやカードローン申込みの必要書類について

キャッシングカードローン申込みの必要書類についてですが、
本人確認書類が1点あれば申し込みできます。
担保や保証人は不要です。
本人確認書類としては、運転免許証や健康保険証、パスポート、
住民基本台帳カードなどがあります。

日本に在住の外国籍の方が申込みの必要書類は、外国人登録証明書、
在留カード、特別永住者証明書が必要となります。

いずれの書類も有効期限内のものが本人確認書類として採用されます。
それ以外のクレジットカードやレンタルビデオの会員証、
学生証などは本人確認書類にはなりません。
公的機関から発行された書類が本人確認書類になります。

申込みの際に収入証明書の提示を求められるケースもある

ローン申込みに際し、収入証明書の提示を求められることがあります。
それは、契約する限度額が50万円を超える場合または
他の金融機関の利用残高と今回契約する限度額の合計が100万円を
超える場合に必要となります。
但し例外として無担保借入はとても気軽に利用できる場合もあります。
これは総量規制対象外の銀行ローンの場合になります。大口融資を希望の場合は
銀行から借りるのが基本です。
ローン申込みの際に提示する収入証明書としては、
源泉徴収票や給与明細書、確定申告書、納税証明書、所得証明書などがあります。
いずれの書類も最新年度分を持参していきます。
給与明細に関しては、最新2か月分とボーナスが支給されている会社で
あれば賞与明細も提出します。賞与明細はなくても審査できますが、
ボーナス分が加算されない年収での審査となります。

銀行カードローン