> 収入証明書不要のカードローンにも審査はある

収入証明書不要のカードローンにも審査はある

収入証明書が不要だからと言って、カードローンの審査がないわけではありません。
収入証明書が不要な代わりに、これとは違う審査が
きちんと行なわれるようになっているのです。この審査の事を在籍確認と言います。

小額融資の場合は収入証明が必要ないケースが多い

そもそも、なぜカードローンでは所得の証明書を提出しなくても良いのでしょうか。
それは、カードローンが少額融資のサービスを行うことができるからに他なりません。
実は、少額融資のサービスに関しては大型の融資のサービスと異なって、
法律的に融資の安全性が担保される度合いが大きいのです。
少額融資には少額融資にしか適用されない法律がありますので、
これはカードローンであっても例外ではありません。

そして、こうした法整備が整っている影響で、在籍確認という代わりの
審査によって申請をすることができるのです。

カードローン利用の際の在籍確認について

在籍確認というのは、カードローン会社はこれからお金を借りる人が
働いている仕事場に対して直接連絡をすることを言います。
つまり、口頭の審査なのです。
本当に必要事項に書かれた職場で仕事をしているかどうかを確認することで、
所得の証明の代わりとすることができるようになっています。

もちろん、在籍確認の際にはプライバシーの保護が保障されますので、
連絡の際にキャッシング会社からお金を借りることが周囲の人間に知られることはありません。
お金を借りることが知られないように工夫して質問されますので、
安全に融資を受けることができるのです。
在籍確認も、そうした考えのもとで行なわれます。

銀行カードローン